(2021年)Macbookで海外FXの確定申告①!〜e-Tax事前準備〜

確定申告

初めての確定申告!どうやってするの?!

海外FXで運良く儲けることができ、初めて確定申告をします!しかし…どうやったらいいかわからない!

  • やっぱ税務署にいかないといけないの?
  • 紙に書いて郵送で提出できる?
  • メールとかで提出できる?

そんなところから始まった、僕の確定申告。何の知識もない僕が税務署にいくのもちょっと怖いし、今コロナだし…正直行きたくないw

なんとか自宅で終わらせたい!そんな人がほとんどだと思います。頑張って学んでいきましょう!

e-Taxという方法で送信できる!

e-Taxとは

e-Tax(イータックス)の正式名称は「国税電子申告・納税システム」。2004年から導入されているようです。

自宅からインターネットで確定申告とか納税の手続きができるシステムです。必要な情報を入力すれば、申告書が出来上がるソフトも入っています!

にちょるす
にちょるす

税務署に行って書いて提出するイメージだった…

今後、確定申告が必要になる方はe-Taxを導入すべきでしょう。一度設定してしまえば毎年e-Taxで申告ができるようになります。e-Taxを導入すると通常の申告よりはるかに楽で手続きが簡略化されているとのこと。

但し!最初の導入の設定がなぜかすごくメンドクサイようです。さぁ、事前準備をやっていきましょう!

いざ、事前準備!

国税庁のHPに入ると、e-Taxの事前準備の案内があります。マイナンバーカードを持ってる人は、「マイナンバーカード方式」を選択します。

事前準備のSTEPは以下のとおり。STEP1〜3はパソコンの仕様、マイナンバーカード、ICリーダーの確認です。STEP4で作業が発生しますので手順を説明していきます!

  • STEP 1:お使いのパソコン・スマートフォンの利用環境の確認
  • STEP 2:マイナンバーカードの準備
  • STEP 3:マイナンバーカード読取対応のスマートフォン又はICカードリーダーライタの準備
  • STEP 4:事前準備セットアップ
  • 事前準備完了:確定申告書等の作成へ

パソコンは、WINDOWSでもMACでも対応可能。

スマホによるマイナンバーカード読取りは、スマホ(Android)とパソコン(Windows)の組み合わせのみ対応しているようで、MACの場合は、ICカードリーダーが必要のようです。

にちょるす
にちょるす

僕、iPhoneだし…

STEP 4:事前準備セットアップの手順

インストーラをダウンロードして実行

案内の通り、「Mac版事前準備セットアップのダウンロード」をクリックし、「JizenMac.dmg」ファイルをダウンロードし、Safariを一旦終了し、インストーラ「jizenInstall.pkg」を実行します。

あとは、インストーラーの指示に従って進めていくとインストールが完了します。すると、「sakusei」というフォルダが表示され、変なデザインのデータが現れます。

Safariの拡張機能にソフトを組み込む

ここがポイントです!このソフトを「Safari」に組み込む作業になります!

Safari を起動し、画面左上のメニューバーの「Safari」をクリックします。 表示されたメニューの「環境設定」をクリックします。

環境設定画面で「機能拡張」をクリックし、以下の機能にチェックを入れ、環境設定画面を閉じます。

  • 「e-Tax ソフト(WEB 版)」
  • 「(No.1)確定申告書等作成コーナーAP」
  • 「(No.2)確定申告書等作成コーナーAP」

これでe-Taxを使用する準備が整いました!

※ちなみに次の年度でソフトのバージョンが変わったら、アンインストールしないといけないみたいです。まぁ、それはそのとき考えましょう。

お次は、マイナンバーカードの認証!

これで、確定申告書の作成コーナーに行けます。いざ、申告書の作成!…と思ったら、次の壁が立ちはだかります。

そう、ICカードリーダーをつかってのマイナンバーカードの認証です!まだまだ道のりは遠い…

にちょるす
にちょるす

まだICカードリーダー買ってないし、準備できたらまた記事書きます!

以上、Macbookでe-Taxを使うための事前準備についてでした。

マイナンバーカード認証の手順はこちらを参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました